アトピーの悩み解決!

アトピー性皮膚炎ガイド -失敗しない治療の選び方と対策-

アトピーで赤ら顔、4つのポイントを抑えた洗顔方法

赤ら顔の洗顔方法 知らないといつまでも改善しない?

アトピーで赤ら顔、この場合は湿疹よりも皮膚の薄さや感染症の対策が重要になってきます。
皮膚バリアが低下して摩擦に弱い顔面の皮膚だと、ちょっとタオルで擦ったら皮膚がめくれてしまいますよね。
骨が出っ張っているTゾーンや頬骨が赤くなりやすく、感染症も起こしやすいです。

赤ら顔で最初に見直すのが洗顔方法です。タオルで絶対に擦らない、これだけでも大きく変わってきます。
しかし、一番は洗顔石鹸の見直しです。洗顔石鹸は成分や泡の質を考慮して選ぶと、今までの洗顔がガラリと変化します。
泡で洗うのがベストで摩擦が極端に減るから刺激が少なく毛細血管の拡張も抑えられます。

赤ら顔 -洗顔方法の4つのポイント-

  • 1.お湯は温め(熱いと毛細血管が拡張します)
  • 石鹸はよく泡立てて、泡で洗う(皮膚への摩擦が減ります)
  • 拭き取りは柔らかいタオルで軽く叩くように(皮膚への摩擦が大きく減ります)
  • 洗顔後はしっかり保湿ケア(ジュクジュクしている場合は殺菌対策も)

徹底的に顔の皮膚への摩擦を減らすのがコツ!

アトピー・赤ら顔対策は洗顔石鹸を替えよう!

洗顔石鹸にこだわっていますか?洗顔石鹸だけでも皮膚がガラリと変わってくることもあるから、赤ら顔対策や顔のアトピーではかかせないものです。

洗顔石鹸は最低限でも無添加が当たり前です。
無添加は旧指定成分が無添加であって経皮毒といわれる有害成分が入っている石鹸は意外と多いです。
しかし、完全に天然なものが優れているかというとそうでもありません。
成分を良く見て、メリットとデメリットを考えてメリットが大きければ使う価値があると思います。

アトピーで赤ら顔だと乾燥肌だから敏感肌でもあり、合成化学物質の影響を受けやすく皮膚が赤くなることもあります。
できるだけ余計なものが入っていない、有効成分が多い、泡で洗うため泡立ちが良いもの、保湿成分が入っているなど洗顔石鹸選びは重要です。
トライアルセットを上手に使って、自分に合った石鹸を探しましょう!


もずの魔法石けん オススメ無添加保湿

もずの魔法石鹸


フコイダンのもっちり感がスゴイです!

もずの魔法石鹸は高分子フコイダンをたっぷり使った石鹸です。
モッコモコの泡が簡単にできて、泡で洗うことができます。
洗うときにもっちり過ぎて手が止まっちゃうくらい!
次の日もモッチリが持続する保湿石鹸で、口コミでも満足度が高いです。

詳細はこちら

投稿日:

Copyright© アトピー性皮膚炎ガイド -失敗しない治療の選び方と対策- , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.