アトピーの悩み解決!

アトピー性皮膚炎ガイド -失敗しない治療の選び方と対策-

アレルギー

トマトで口の周りが赤くなることから考える野菜のアレルギー反応

投稿日:

トマトを食べると、口の周りが赤くなったり、口の周りだけでなく喉の奥が痒くなったりしたことがありませんか?
トマトに限ったことではありませんが、これはアレルギー反応です。
トマトには、ヒスタミンが多く含まれていて、生で食べるとアレルギー反応を起こす可能性があります。

トマトでアレルギーが出るのは食物アレルギー?

トマトでアレルギーが出ると、食物アレルギーと思われることが多いですが、実は接触性皮膚炎です。食べたらすぐに水で口の周りを洗うと、かなり痒みが違ってきます。

稀に、トマトに含まれるたんぱく質で食物アレルギーを起こす場合があります。トマトに含まれるたんぱく質は花粉と似たものがあるので、花粉症の方や花粉でアレルギーが出る場合は可能性があります。同様に他の果物もトマトと同じように、花粉に似たたんぱく質を持っているものがあります。

食べ物を食べて口の周りが赤くなったり痒くなったりするアレルギーを、「口腔アレルギー症候群」といいます。トマト以外にもパイナップルやキウイなど、ヒスタミンが多く含まれていたりアクが強い果物や野菜で発症することがあります。

トマトはアトピー体質の人にとって採らない方がよい野菜なの?

カゴメ株式会社では日本薬科大学・おやまにし病院との共同研究により、トマト由来カロテノイド(主にリコピン)が抗アレルギー作用を有する可能性があることを臨床試験により明らかにしました。
アレルギーが出ることもある野菜なのに、抗アレルギー作用があるとはどういったことでしょうか?

アレルギーには種類があり、主にⅠ型からⅣ型に区分されています。トマトに含まれるリコピンやβカロテンやビオチンはⅠ型に有効であると報告されています。Ⅰ型のアレルギーは、IgEが関与するアトピー性皮膚炎(Ⅳ群にも該当)・気管支喘息・アレルギー性鼻炎や花粉症・ハウスダストによるアレルギーなどがあります。

口腔アレルギー症候群は遅延型でなければⅠ型に入りますが、Ⅰ型に有効な成分が多く含まれているのにアレルギー症状が出るのはアレルギー症状の方が優位だからです。メリットよりもデメリットが上回っている状態ですね。

トマトだけじゃない!野菜や果物のアレルギー

トマトだけがアレルギーになるかといったら、多くの野菜や果物でアレルギーを起こす可能性があります。
トマトはスギ花粉を持っているとでやすいですが、メロンならキク科、リンゴや洋ナシだとブナといった原因食材は共通するので、口の周りが赤くなったら注意です。

野菜や果物のアレルギー対策

野菜や果物は酵素など有効な成分が多い反面、ヒスタミンなどアレルギーを起こす成分も含まれています。アナフィラキシーショックを起す場合もありますので、何が大丈夫なのか?特に小さいお子様は消化器官が未発達なので、アレルギーを起こす野菜や果物を特定しておくことが大切です。

加熱するのと、そのまま食べるのはどっちがいいの?
野菜や果物を食べるときに加熱処理と、抗アレルギー作用がある酵素は殆ど無くなってしまいます。
ヒスタミンは熱で分解されにくいので、そのまま残ってしまいます。
加工しないで生で食べるのが酵素を考えればベストですが、アレルギーが出て状態が深刻になるくらいなら無理に食べない方がいいです。

農薬や化学肥料のアレルギー
アレルギーの原因が野菜の成分ではなく、残留農薬や化学肥料である場合もあります。
化学肥料は取り除くことができませんので、アトピーやアレルギーがある場合はチェックしたほうが無難ですね。
できるだけ国産で無農薬・減農薬、また有機栽培された野菜を使い、流水でよく洗ってから食べると酵素や栄養素を採り入れやすいです。

口の周りが赤くなって痒くなる対策
口の周りが赤くなるくらいなら、食べた後は口の周りや手を良く洗ったり、うがいをしたり、ワセリンなどを口の周りに塗ってから食べるといった工夫で、食べた後の痒みや赤みを減らせます。
そのままにしておくと接触アレルギーが続くので、皮膚がガサガサになったり、アトピーのような症状になったりもしてしまいます。

しかし、蕁麻疹が出たり全身が赤くなって痒みが出たりした場合はアナフィラキシーショックの可能性もあるので医師の診察が必要になります。また全身に出る場合は、食物アレルギーを疑いましょう!

-アレルギー

Copyright© アトピー性皮膚炎ガイド -失敗しない治療の選び方と対策- , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.