アトピーの悩み解決!

アトピー性皮膚炎ガイド -失敗しない治療の選び方と対策-

治療法と病院の選び方

アトピー性皮膚炎の治療法は、一般的に皮膚科医だとステロイド軟膏によるものが基本です。しかしアトピーの治療法はプロトピック軟膏・SOD軟膏・漢方療法・温泉療法・レーザー治療・自然療法など、ステロイド軟膏の治療法だけではなく、沢山の治療法があります。

アトピーはこの治療法だから完治するというものではありません。原因が個々に違ったり、薬や治療法の相性などがあるので、共通する部分があっても絶対に治るものではないです。

自分に合った治療法と病院を探すには?

自分に合った治療法や病院を探すことが、アトピー性皮膚炎を治す近道です。アトピーは一つの治療法で全てのアトピー患者が治るというのがありません。どの治療法にもメリット・デメリットがあります。指導通り正しく治療しても満足する結果が出ないこともありますし、完治に至る場合もあります。

自分に合った治療法と病院を探すには、信頼できるかどうかが重要です。自分が納得した治療法でないと『本当にこの治療法でいいのか?』と不安になってしまいます。

アトピーの名医、アトピー性皮膚炎の治療法のメリット・デメリット!

  • ステロイド治療・・・アトピー治療の基本、ステロイド軟膏による治療
  • プロトピック治療・・・ステロイドに代わって登場した軟膏治療
  • 温泉療法・・・日本古来の湯治から考えた温泉での治療
  • 食事療法・・・断食や食物アレルギーの除去でアトピーを治療
  • 丹羽療法・・・SODを配合したステロイド軟膏とSOD様作用食品を使った治療法
  • アトピーアソシエイション・・アメリカでのステロイド治療
  • 漢方療法・・・松居一代さんで有名になった漢方での治療
  • 減感作(免疫)療法・・・アレルゲン物質エキスを少量注射し、体質改善する治療法

アトピーの治療で不安があるときは、担当医師に質問してみましょう!


治療法選びはアトピーの悪化パターンを考えよう

どんなときにアトピーが悪化するのか、症状の要因を把握することがとても大切です。何かを食べた時・強いストレスがあったとき・生活習慣の乱れ・季節や天候・・・発症のトリガーは多種多様です。アトピーはアレルギーの一種ですが、アレルギーだけで考えるとあまり関係がないことが実は関係していたりします。

悪化要因が治療法を選択するのに役立つ

アトピーの発症や悪化するパターンが治療法選びの1つとなります。何歳からアトピーが発症したのかというだけでも、生後からなのか、子供の頃なのか、大人になってからなのかと分かれます。例えば、生後からなら先天性なものが大きく、子供のときなら赤ちゃんと比べて色々食べるようになったけど消化器官が未発達だからという具合に、原因である可能性がわかります。

悪化要因に特化した治療法も選ぶのも1つの考え方です。

悪化パターン⇒ストレス・季節・食事など外部的なもの
発症パターン⇒発症年齢や遺伝など内部的なもの

西洋医学で治療するのか、自然派で行くのかという考え方も治療法選択肢に!

投稿日:

Copyright© アトピー性皮膚炎ガイド -失敗しない治療の選び方と対策- , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.