アトピーの悩み解決!

アトピー性皮膚炎ガイド -失敗しない治療の選び方と対策-

アトピー性皮膚炎の減感作療法

減感作療法は、元々喘息のアレルゲン特異療法で、アトピー治療にも応用されるようになった治療法です。陽性反応のアレルゲンを少し注射し、徐々にアレルゲンの量を増やしていきます。最後は、アレルゲンテストと同じ濃度のアレルゲン注射しても平気なところまで注射していきます。

減感作療法で繰り返しアレルゲンを注射することによって、IgG抗体を作り出すことが目的です。IgG抗体は遮断抗体といわれ、体内に侵入したアレルゲンがIgE抗体が反応するよりも先に、IgG抗体が結合してアレルギー反応を起こさないように体質改善します。

減感作療法の治療期間

減感作療法で治療する期間は2~3年と長期間の治療になります。また、治療できる医療機関も少なく、効果も徐々に注射していく治療法なので即効性は無いです。個人差もあり、アトピー性皮膚炎の原因がアレルゲンでなかった場合は効果が期待できません。

減感作療法の効果

減感作療法の効果は、アレルギーの原因となるアレルゲンが合っていないと意味がないので、合っていれば効果はあります。しかし、日本での治療の場合は検査できるアレルゲンが少ないので、特定するのがかなり難しく、仮に特定できても対応していないアレルゲンだったりします。

例えば花粉が原因の場合、スギ花粉を減感作療法を行なっても、ヒノキやブタクサには効果が無いので1つ1つ減感作療法をやっていかなければなりません。

減感作療法の効果・メリット

  • 体質改善ができる
  • アレルギー喘息やアレルギー性鼻炎にも効果的
  • IgE抗体の反応を抑制できる
  • アレルギーでのアトピーや、アレルギーの併発が無い
  • 薬の軽減や使わなくてもアレルギー症状を起こさない状態になる

減感作療法の不安要素・デメリット

  • アトピー改善に即効性がない
  • 治療終了期間が長く、日本での治療の場合は効果が不透明
  • アレルゲン1つ1つ、注射をしていかなければならないので多いと苦痛
  • アレルギーの抑制に個人差がある
  • 注射をし続ける治療なので、期間が長く根気もいる
  • アナフィラキシーの可能性もあり、設備の整った病院で治療しないと不安
  • 日本での減感作療法は検査できるアレルゲンがとても少ない
  • 日本の病院で減感作療法を取り入れている病院が少ない

日本では種類が少なく根気が必要な治療法ですが、体質改善ができる治療法です!


減感作療法の有効性

減感作療法は少しずつアレルゲンを体内へ取り入れて、抗体を作っていく体質改善療法です。日本ではあまりアレルギーやアトピー治療に使われていませんが、欧米では主流の治療法で治療薬の種類も多く使われています。


日本でアトピー治療としての減感作療法

日本でのアトピー治療の場合、メインで減感作療法というよりも、その他の療法と減感作療法を組み合わせて治療するケースが多いです。アトピーの原因にアレルギーがあるので、治療できるアレルゲンが増えれくれれば減感作療法は期待できます。

減感作療法だけでアトピーは完治するの?

減感作療法だけで、通常アトピーは完治はしません。現在のアトピーは原因の多様化により、アレルゲンだけが原因ではありません。生活習慣・ストレス・環境などの要因も考えていかなければなりません。子供の場合はアレルゲンが大きく関わるケースが多いのですが、大人の場合は消化器官の発達により、アレルゲンが中心ではなくなってしまいます。

減感作療法で期待するところは?

減感作療法の治療をする場合は、それなりの時間と根気の覚悟だけでなく、他の治療法との併用が無難です。アトピーを直接治すというよりも、鼻炎・結膜炎・接触アレルギーなどの間接的なアトピー改善になります。例を挙げますと、スギ花粉だけと的を絞れば、スギ花粉の時季の接触アレルギーによる皮膚のかゆみが軽減される可能性があります。

減感作療法を使った健康食品に注意

市販健康食品で、少量のアレルゲン物質を混入した減感作療法をマネた商品があります。しかし、アナフィラキシーショックを起こす可能性もあるので、減感作療法は医師の指導の下での治療が必要です。

減感作療法の治療は日本では限界がある

日本で減感作療法でアレルギー治療をする場合、治療薬が欧米に比べて圧倒的に少ないです。例えば、小児アトピー患者に多い喘息の原因に挙げられるダニのエキスは日本にはありません。本気で減感作療法で体質改善を考えるのであれば、現時点では治療薬の種類が多い欧米での治療が安全で信頼が置けるでしょう。

投稿日:

Copyright© アトピー性皮膚炎ガイド -失敗しない治療の選び方と対策- , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.