アトピーの悩み解決!

アトピー性皮膚炎ガイド -失敗しない治療の選び方と対策-

アトピー性皮膚炎の食事療法

食事療法は、アトピーの原因となる食物アレルゲンを除去し、アトピーを治す治療法です。主に血液検査や皮膚テストなどの検査から、アレルギー反応のあった食材を除去します。

食物アレルギーがアトピーと関係してくるのは小学生以下の子供や赤ちゃんが多く、中学生以上になるとあまり関連してきません。腸の未発達が食物アレルギーと関わっているので、成長とともに徐々に除去した食品が食べられるようになります。大人の場合、食物アレルギーはアトピーよりも蕁麻疹として出ることが多いです。

過度な食事制限は発達障害になる可能性もあるので、医師との相談が大切です。

本当にアトピーが悪化するかが重要!

食事療法でよくあるパターンは、除去しなくても良い食品を除去してしまうことです。アナフィラキシーのように強烈なアレルギー反応や、食べた直後に赤い斑点が出る強いアレルギー反応の場合は確実に除去ですが、そうでない場合は負荷検査をした方がハッキリとわかります。

アトピーの原因と考えられる普段食べているものを一品除去し、アトピーの変化をみます。次に除去したものを再び食べて、アトピーの変化をみます。アトピーに変化がなければ、その食品は原因でないので次の食品を試すやり方もあります。

食事日記のススメ

今日何を食べたか、それを何日も覚えるのは無理ですよね。食事日記をつければ、いつ何を食べたか?が明確になり、アトピーの原因となる食品の判明に役立ちます。アトピーが悪化する食べ物がわかれば、自分でコントロールもできて対策も立てられます。

食事療法の効果・メリット

  • 子供の場合、未発達の消化器官が原因での悪化を防げる
  • 食物アレルギーテストの結果は、赤ちゃんの食事の献立作りに役立つ
  • 農薬や添加物を減らすことで、体内で発生する活性酸素の量を減らせる
  • 脂質を減らすことで過酸化脂質を減らせる
  • アトピーコントロールがしやすくなる

食事療法の不安要素・デメリット

  • 除去食の場合は、栄養面での不安がある
  • 原因である食物アレルギーを除去しても変化がないことが多い
  • 献立作りが大変
  • 質の良い食材は値段が高い

アナフィラキシーショックが出るような食品は絶対除去です!

アナフィラキシーの場合は医師の指導の下、最終的な負荷検査で食べても大丈夫と結果が出てから食べられます。アナフィラキシーを発症すると生死に関わるので、自己判断で少しくらい食べても平気という考え方は危険です。


脂質除去の食事療法

飽和脂肪酸・不飽和脂肪酸など、脂質を減らす食事療法もあります。脂質は現代の食生活を送る限り、必要以上に摂取しています。メタボリックだけじゃなく、脂質が過酸化脂質になることがアトピー患者にとって厄介です。トランス脂肪酸といった強力なものも溢れる食文化ですから、食事の面である程度はコントロールできますね。


過剰な脂質を減らして過酸化脂質を減らそう!

脂質が活性酸素と結合すると過酸化脂質になります。この過酸化脂質がアトピーの原因の1つとされているので、体内で作られた過酸化脂質を減らすことがポイントです。脂質を減らすのには日本食に戻すのが一番効率的で健康的です。ご飯・味噌汁・漬物・焼き魚(白身)・野菜といった低脂質な食事なら、栄養素も損なうこともなく継続できます。牛乳の代用には豆乳を使うと、レパートリーも増えますよ。

悪化しやすい食べ物は手軽で美味しい

アトピーが悪化しやすい食べ物は色々ありますが、手軽で美味しいファーストフードやコンビニのホットスナックなどがあります。食品添加物やトランス脂肪酸を使っていることが多いので、要注意です!

酵素療法は有効なの?

酵素がアトピーに良い!って聞いたことがありますか?なんで良いのか深く説明されているものが殆どありません。天然成分には酵素が入っているので、酵素が活性酸素を抑制します。アトピーの場合、アトピーでない人と比べて活性酸素を抑制するSODが低下しています。つまり体内で過剰に活性酸素が発生して酸化させ、脂質と結合して過酸化脂質も多くなります。これを酵素で軽減しましょうっていうことです。

酵素療法は天然食物に含まれる酵素に着目した療法です。アトピー患者の中で有名な甲田療法は酵素の力で活性酸素を抑制するので、野菜をそのまま生で食べたりすり潰して食べます。

天然食材の酵素は加熱処理によって、殆ど失われてしまいます。しかし近年の研究では、加熱しても生きた酵素や乳酸菌があり、死滅してもアミノ酸に変わるのではなく働きに変化がないなど報告があります。また、天然の食べ物を生でよく噛んで食べることにより、酵素を体に取り入れて活性酸素の除去や唾液の分泌を促します。

酵素療法は動物性のものは基本的に除去になります。菜食になりますが、バランスよく採ると栄養面でも特に問題はありません。腸内リセットで短期に使われたり、プチ断食として置き換えで使われたりと、日本人の体内酵素が減少してきている現在、注目されています。

投稿日:

Copyright© アトピー性皮膚炎ガイド -失敗しない治療の選び方と対策- , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.