アトピーの悩み解決!

アトピー性皮膚炎ガイド -失敗しない治療の選び方と対策-

アトピーの食事対策は食材選びがポイント!

国産の食材を選ぶ理由はなんですか?輸入物は農薬や化学薬品が使われているだけではありません。偽造表示や産地偽造もありえます。もちろん国産の食材でも偽造があったり、農薬・化学肥料や薬品が使われているものが多いです。それでも、まだ国産の方が無難だということです。

国産食材の選び方

無農薬・有機栽培・化学肥料不使用。余計なものを使わないのがベストですが、探すのも大変になってしまいます。だから農薬を使っていても減農薬といった、体に影響があるものを極力抑えている食材を選ぶといいですね。産地がしっかりしている食材、作った人の顔がわかる食材はスーパーで並んでいるだけの食材と比べて信頼できて安心です。本物の野菜などは味がしっかりとしていて、美味しいと思えます。栄養面でも量産された食材よりも、無農薬や化学肥料を使っていない手間がかかった食材の方が栄養があります。つまり、ポリフェノールなどの酵素が豊富で活性酸素を抑制し、アトピー対策に繋がっていきます。

簡単に無農薬野菜を作ろう!

本当に納得できる食材は自分で作るしかありません。簡単に育てられる野菜は、自宅で作ることをおすすめします。プランターでも作れる野菜がありますので、庭が無い場合でもベランダでできます。

プランターで作れる野菜

プランターで作れる野菜というと、プチトマトが有名です。プチトマト以外にもキュウリやナスなども作れますので、スペースがあればチャレンジしてみましょう。子供がいる家庭なら、食育にもいいですよ。

プチトマト・トマト・ナス・しそ・ほうれん草・スナックエンドウ・ネギ・青ジソ...など。

スーパーで買うメリットとデメリット

スーパーの特売、安いから思わず買ってしまいますよね。 でも、安いのには理由があって安くても利益を出せるということです。ついで買いを狙っている場合もありますが、大抵は安くしても儲かるほど原価が安いのです。

原価が安い食材は、困り物と呼ばれる鮮度が悪いものや中国産などの海外から輸入された食材が多いです。輸入食材が日本で多く使われるのは、質が悪くても大丈夫だからです。安いから売れるし、添加物や化学薬品も優れているから・・・。

加工品の場合、原材料表示をよく確認してみて下さい。意味がわからないカタカナの文字は添加物です。添加物を大量に使うことで、加工食品が安く作れます。

添加物とアトピーの関係

添加物は1つ1つの安全性はチェックされていますが、添加物を複数同時摂取での安全性は研究されていません。添加物は食品の価格が安くなるだけでなく、消費期限が伸びたり食中毒を予防するものもあります。まだアトピーの関係は解明されていませんが、添加物が体に影響していないとは言い切れない状態です。1つ1つは基準使用料範囲内でも、複合して添加物がいくつも使われる場合は本当に安全なのか研究されていないです。添加物に加えて農薬、化学肥料・化学薬品なども考えていかなければならないので、悪影響がありそうなものを全部省くことは不可能です。だからこそ、原材料をチェックして意識することで必要以上に化学物質を採らないようにできます。

原材料表示をチェックする癖を身に付けて、添加物摂取量を減らそう!

投稿日:

Copyright© アトピー性皮膚炎ガイド -失敗しない治療の選び方と対策- , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.