アトピーの悩み解決!

アトピー性皮膚炎ガイド -失敗しない治療の選び方と対策-

治療

アトピー治療用薬用植物パッチはアトピーに有効なのか?

投稿日:

アトピー治療用薬用植物パッチを知っていますか?
薬用植物パッチは、アトピー皮膚炎に効能があるという韓国産の薬用植物抽出物を水溶性高分子と混合し、放射線処理を施してゲル(gel)タイプのパッチです。

アトピー治療用薬用植物パッチのメリットは?

パッチをするメリットは植物抽出物ということで、植物が本来持っている酵素が期待できます。酵素には活性酸素除去による作用があり、アトピーの場合は活性酸素過多の状態なので体内からの酸化を抑えることが可能かと思われます。

また、活性酸素が減少することで脂質との結合してできる過酸化脂質も必然的に減少します。過酸化脂質は殆どのアトピー患者の共通原因の1つとも言われているので、アトピー治療として有効である可能性を秘めています。

さらにパッチをすることで、貼った部分は空気との接触を減らすことによる、細菌の二次感染を防ぐというのも若干期待していいのかもしれません。

アトピー治療用薬用植物パッチの動物実験でわかったこと

この薬用植物パッチは動物実験で、クロスリンカーや添加剤などの化学薬品を一切使用せずともアトピー患者の皮膚炎を抑え、水分蒸発を防いでかゆみにより患部を掻くことで発生する2次感染も防げることがわかっています。

パッチを貼るということは、そこが痒くても掻けない・掻いてもパッチの上からになるので皮膚を剥がさないで済みます。
皮膚が剥がれると、アトピーの場合そこから細菌が浸入して二次感染を起こしてしまいます。

なぜアトピー患者が二次感染を起こしやすいかというと、生まれつきSOD値が低いというのがあります。
SOD値は加齢で減少していって、病気や老化の原因となってきますが、これが免疫異常の原因ともなっています。

切れるアトピーにキズパワーパッドを使う方法

日本ではアトピー治療用薬用植物パッチのような薬品はありませんが、代用品としてキズパワーパッドを使う方法があります。
キズパワーパッドは空気との接触を防ぐので、二次感染対策や掻き壊し対策には向いているのです。
切れるアトピーがある場合、その切り傷から細菌が浸入して悪化するケースを防ぐことができます。

キズパワーパッドを使うポイント

キズパワーパッドは酵素の働きが無いので、アトピー抑制効果はありません。貼ることで血流が悪くなって、部位が悪化する可能性もあります。しかし、症状によっては悪化を防ぐ役立つアイテムにもなります。

近年では外科での治療でも、同様の技術が使われていて空気との接触を無くすことにより傷を早く治すパッチが使われています。
アトピー肌だとシワから切れてしまう症状がありますが、自己責任で試す価値はあるかと思われます。

日本のアトピー技術は低レベルで、未だにステロイド治療がメインです。海外の最新医療の良いところをどんどん取り入れて欲しいところですね。

-治療

Copyright© アトピー性皮膚炎ガイド -失敗しない治療の選び方と対策- , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.