アトピーの悩み解決!

アトピー性皮膚炎ガイド -失敗しない治療の選び方と対策-

頭皮のアトピー対策は頭皮の状態で変わる!

アトピー性皮膚炎で、最も治りにくい部位が頭皮です。頭皮は髪の毛があるので薬も塗りにくく、シャンプー・リンス・整髪剤やパーマ液などによる合成界面活性剤の影響もあります。さらに紫外線や雑菌なども深く関わってきます。何から手を付けていいのか、原因から1つ1つ探っていきましょう!

頭皮のトラブル急増中

近年、頭皮のトラブルが急増しています。フケや痒みだけでなく、瘡蓋・赤斑・ジュクジュクするなど、アトピーでない人もアトピーと似た症状を起こしています。でもアトピー因子を持っていて先天性の円形脱毛症よりも、頭皮の状態が悪化してフケ痒みや感染症などを起すケースが大半で、この状態が頭皮アトピーとされています。

頭皮アトピーの原因は?

頭皮トラブルの主な原因には、頭皮の皮膚バリア低下があります。シャンプーやリンスなど、合成界面活性剤により必要な皮脂まで剥がされて頭皮の保湿力が低下します。また、エアコンやヒーター、シックハウスなど空気の乾燥や化学物質により頭皮が乾燥してトラブルの原因になります。

頭皮のアトピーの特徴-頭皮の状態からみる4つのポイント-

頭皮アトピーになったらどうしたらいいのか?どうやって対策していけばいいのか?ここが重要なポイントです。頭皮アトピーは抜け毛にも直結するので、今すぐ何とかしたいところです。しかし、状態に合った対策をしていかないとなりませんので、今の頭皮の状態を考えて対策を考えるべきです!

痒みや細かいフケが出る

ズバリ頭皮が乾燥している状態です。頭皮が乾燥すると皮膚の剥離が起こりフケとなります。通常よりも早く剥がれてしまうので、剥がれた下の皮膚は薄いので水分保有力が無く刺激に弱いです。頭皮の徹底した保湿が必要なのと、皮膚バリア機能が薄い皮膚だと低下しているので痒み対策をしていきます。

ジュクジュクしたり大きなフケが出る

普通のフケは細かいですが、感染症を起こしたジュクジュク頭皮の場合はフケが大きいです。フケ症と呼ばれる頭部粃糠疹との違いは、炎症があるということです。脂漏性皮膚炎・尋常性乾癬といった場合もあります。多くは掻き壊しからの黄色ブドウ球菌やカビ菌などの感染症になり、ジュクジュクと瘡蓋のようなフケになっています。対策としては保湿ケアと頭皮の皮膚バリア機能の回復を考えたスキンケア、それと殺菌対策が必要です。

脱毛がある

先天性のアトピー性脱毛症(円形)とはちょっと違いますが、頭皮のアトピーで髪の毛が抜ける場合があります。原因は乾燥と雑菌なのですが、炎症を起こしている部位は痒いので、皮膚を爪で削り取ってしまうことも。毛根ごと皮膚をえぐってしまった場合は生えてきませんが、毛根があれば状態によって生えてきます。アトピーの炎症というよりも、二次感染による影響が大きいです。対策としては頭皮環境を整えてからの育毛です。シャンプーや洗髪後のケアの見直し、頭皮の徹底したスキンケアで頭皮の状態を良くしてから育毛剤が理想的です。

範囲が広がっていく

最初は頭皮の一部だったのに、いつのまにか全体に広がってしまいます。頭皮の乾燥による刺激、雑菌の繁殖、掻き壊しなどが影響していますが、一番問題なのは通常のステロイド治療の効果があまりないことです。一般的にローションタイプのステロイドが処方されますが、期待はできません。大人の頭皮は浸透力が弱いのも関係していそうです。

頭皮のアトピー対策

  • 抗生物質による治療法・・・ジュクジュク頭皮の感染症を改善させます
  • 無添加シャンプーなどの使用・・・合成界面活性剤による頭皮トラブルを防ぎます
  • 紫外線対策・・・頭皮の赤みや活性酸素の発生を少なくします
  • 過酸化脂質を減らす食事療法・・・頭皮の臭いや痒みの原因を体内から改善していきます
  • 毛染めやパーマをやめる・・・合成界面活性剤による頭皮トラブルを防ぎます
  • 頭皮の保湿・・・ふけ・かゆみを抑えて、頭皮を保護します

ふけ・かゆみ・赤み・ジュクジュク・瘡蓋、そのままだと抜け毛が増えていきます!


赤ちゃんの頭皮のアトピー

赤ちゃんも頭皮にアトピーができる場合があります。脂漏性湿疹という可能性もあり、アトピーではないことも。脂漏性湿疹からアトピーへと移行するケースもあり、アトピーと診断された場合はスキンケアが重要になってきます。


赤ちゃんと大人の頭皮の違い

赤ちゃんの場合、頭皮の浸透力や毛髪の量が成人と違います。赤ちゃんの頭皮は大人に比べて浸透力が高く、頭皮が柔らかいのに角質層が薄いのでデリケート肌。シャンプーや石鹸など、厳選して使いたいところです。頭皮のアトピー対策は、保湿ケアが1番です。ジュクジュクしたアトピーの場合、ステロイド軟膏やステロイドローションは感染症に効かないので効果は期待できません。

頭皮を掻き壊して、細菌による感染症という悪化パターンが多いです!

投稿日:

Copyright© アトピー性皮膚炎ガイド -失敗しない治療の選び方と対策- , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.