アトピーの悩み解決!

アトピー性皮膚炎ガイド -失敗しない治療の選び方と対策-

ストレスでアトピー性皮膚炎が悪化する!

かつてアトピーは、アレルギーの一種だからストレスは関係ないと言われていました。確かにストレスはアレルギーとは違うので、アトピーをアレルギーとして考えるのなら、ストレスは関係ありません。しかし、現在ストレスはアトピー性皮膚炎の原因の一つとなっています。

ストレスが急激にかかると、アトピーが悪化する人が成人型アトピー患者に増えてきました。最近ではその傾向が、小児アトピー患者に広がってきています。ストレスでアトピーが悪化するのは、ストレスがかかると体内で増えるものが原因だったのです!

ストレスで体内の活性酸素が増える!

ストレスが増えると共に、体内で増えるものは『活性酸素』です。活性酸素は、ウィルスや雑菌などの核を壊してやっつけてくれる、体内でとても大切な役割をしています。

活性酸素の酸化作用を抑制するSODよりも、活性酸素が増えると活性酸素が余剰状態(大量発生)になります。酸化ストレスともいいます。余った活性酸素は、攻撃対象を正常な細胞に切り替え酸化させるので、老化・シミ・シワの原因になります。活性酸素と脂質が結合すると過酸化脂質になり、アトピーが悪化する要因となります。

溜め込まない!ストレス発散で活性酸素を減少させよう!

  • 軽い運動で体を動かす
  • 趣味の時間の確保
  • 人との関わりが無い、一人の時間
  • 旅行で環境の変化
  • リラックス・癒しで心の安らぎを
  • 睡眠、疲れたら寝るに限る
  • 気の合う仲間と、楽しいこと
  • 笑い・家族団らん

無理をしすぎない、適度なストレス発散が大切です!

大人のアトピーの急激な悪化は、ストレスが大きく関わっている

社会人になって、大きく変わるのが自分を取り巻く環境です。新しい環境や人間関係、仕事の責任や周りからのプレッシャー。学生時代と比較して、ストレスはとても大きいものになります。

また新卒でない方も、職場に馴染めない人、仕事のノルマや勤務時間、中間管理職などといった役職などがストレスとなり、アトピー悪化の要因になります。小児アトピーが治ったのに、社会人になったらアトピーが再発するケースが意外と多いです。

その他にも、生活習慣の変化・食生活の変化・大気や紫外線と接触している年数などがあるので、職業によっては関わりが大きいです。急激な悪化により、仕事に行けなくなったり、うつ病になる可能性もあります。無理をしない、し過ぎない、自分のペースで行きましょう!

夢中になれる趣味と、何も考えなくてもいい一人の時間を確保しましょう!

投稿日:

Copyright© アトピー性皮膚炎ガイド -失敗しない治療の選び方と対策- , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.