アトピーの悩み解決!

アトピー性皮膚炎ガイド -失敗しない治療の選び方と対策-

紫外線がアトピーに及ぼす影響とは?

天気の良い晴れた日に布団を干す、洗濯物を干すという行為はごく当たり前の日常生活の一部です。太陽による温度で乾かす、湿気を飛ばすということもありますが、紫外線による殺菌も考慮されています。では、なぜ殺菌ができるのでしょう?

紫外線に殺菌効果があるのは、活性酸素によりダニや雑菌の細胞核を破壊し、死滅させるのです。それは人も同じで、細胞核を破壊されて再生時に異常な皮膚になると皮膚癌です。

アトピーへの影響は?色素沈着の原因は紫外線

紫外線というと、シミ・シワの原因で有名ですね。シミは色素沈着で、シワは皮膚萎縮。アトピーの悩みで多いのも、色素沈着や皮膚萎縮によるシワです。アトピーの場合、掻くことでできた傷口に紫外線が当たると、メラニン色素が生成されて色素沈着を起こします。活性酸素による皮膚バリアの崩壊や皮膚真皮の萎縮、つまり保湿ができずハリが無くなりシワシワになる老化現象です。

紫外線対策はアトピー対策!

  • 帽子を被る
  • 皮膚をなるべく露出しない
  • 紫外線が強い季節に長時間外へ出ない
  • 肌の保護にUVカット
  • 海水浴は海や砂浜からの紫外線が反射するので注意する
  • スキーも雪で紫外線が反射するので注意
  • プロトピックを使用している場合、絶対に紫外線を避ける
  • クロロフィルを摂取し過ぎない

紫外線は年々強くなってきていますので、対策や予防は夏場以外も重要です!

紫外線療法について

アトピー性皮膚炎の治療法に紫外線療法があります。光線療法・PUVA療法とも呼ばれ、肥厚した皮膚を活性酸素で破壊するやり方です。また紫外線の殺菌効果を利用して、ジュクジュクした二次感染アトピーにも利用されています。


紫外線療法の効果は?

よくハワイや沖縄などでアトピーが完治したという話を聞きますが、確かによくなる人もいます。しかし逆に悪化して重度化する方もいます。個人差やその場所の環境なども関係しているので、万人に効果があるわけではありません。

ハワイで完治した人の場合、様々な要因が考えられます。紫外線により感染症がなくなる・ストレス発散や軽減・大気汚染が少ないので肌の乾燥や体内での活性酸素増加が少ないなどです。日本では機密性の高い住宅やストレス社会、環境汚染が広がっているので、楽しく過ごせるのならメリットはあるでしょう。

紫外線療法は諸刃の剣?

紫外線療法は諸刃の剣でもあるといえます。成人型アトピーに多い、露出部分にアトピー。この場合、紫外線による活性酸素の発生が関係している可能性が高いです。

紫外線は活性酸素を増加させるので、シミ・シワといった老化現象も起こります。また、アトピー患者は敏感肌なので、光線過敏症との合併症があります。それらも踏まえて、紫外線療法で悪化する可能性がある限り、治療法としては選ばない方が無難です。

顔や首などの露出部や頭皮トラブルは、紫外線が大きく関わっています!

投稿日:

Copyright© アトピー性皮膚炎ガイド -失敗しない治療の選び方と対策- , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.